3月 2018アーカイブ

竹鶴はやっぱり濃いね!

今年最初の「竹鶴」

ってもう3月後半なのですが…。出荷日を見ると「2018.1」とある。それなら納得!竹鶴の「初しぼり」純米吟醸生。なんか竹鶴に初しぼりが似合わないと思うのは自分だけか?いつも古酒とか純米とか熟成タイプしか無いイメージがある。新酒でも色が付いているせいなのか?!それはさておき、初めて出来たて新酒の竹鶴が飲める!ってもう3月後半なのですが、それではいただきます…

飲み口は柔らかい吟醸香を嗅ぎながら、若さ故の苦みがちらほら感じながら、のど越しにフレッシュでキレの良い酸味と共に楽しませてくれます。意外と言っては失礼ですが、すぅーっと飲めちゃいます。どんな肴も邪魔しない辛口食中酒ですね。ただ、後半、少しお酒が常温になってくると雑味が薄れて、非常にまろやかでありながら、濃口の旨味が出てきます。「ああ、竹鶴っぽい!」とニヤリほくそ笑んでしまいます。フフフッ

製造者/竹鶴酒造 株式会社
精米歩合/50%
使用米/広島県産八反錦100%
アルコール度数/16〜17度
日本酒度/+8.0
酸度/2.6

商品名/竹鶴 純米吟醸 生 初しぼり

 

◆長芋しそ鶏つくね

長芋のサクサク食感が堪らない。思わず、長芋だけを箸でつまんで先に食べるという邪道な食べ方をしてしまう。言うなればポッキーをチョコの部分だけ舐めて「プリッツ」にして食べる!ような食べ方と言えば分かって頂けるでしょう!(←え?全然わからない?)あとは見た目コッテリそうな味付けに見えますが、しそが入っているおかげで、さっぱりと頂けます。

七田 純米吟醸 生無ろ過 五百万石

ラベルがキレイ。何色というのでしょう?メタリックマリンブルーからグリーンの間の色かな?かなり目を引きます。重厚な味をイメージさせてくれるラベルですが、はたして!香りは確かに華やかな吟醸香です。柑橘系フルーツ感と落ち着いた芳香も感じる。これは肴のいらないお酒ですね。口に含むと新酒らしいフレッシュでプチプチ、シュワシュワ感があります。華やかが当てはまるお酒です。この感じが「五百万石」なのだろうか!個人的に「五百万石」は淡麗辛口ってイメージなのですが、ここまで華やかな香りがあったっけ?って感じです。改めて飲み口の感想ですが、濃厚な味わいがある。ただのど越しはキリッと辛口なのでしっかりとキレてくれます。いい感じで終われます。肴はいらないと書きましたが、濃厚なので照り焼きや煮付けなどの味の濃いものでも、美味しく頂けそうです。

みんな気がついているのでしょうが、とりあえず書いておきますね。「無濾過」の「濾」の字の中で遊んでいますね。「七」「田」「心」「七田の心」って事ですかね!楽しんでますね ♫

 

製造者/天山酒造 株式会社
精米歩合/50%
使用米/兵庫県産五百万石100%
アルコール度数/16度
日本酒度/+3.0
酸度/1.5

商品名/七田 純米吟醸 五百万石50% 無漏過生酒

Azur-アジュール- 紺碧の田園

以前、篠峯の「Vert-ヴェルト-」というものを飲んだ。それはもう、ラムネのように甘い香りのお酒でした。それは〈翠〉ラベルと呼ばれるお酒。そして今回が念願叶って〈紺碧〉ラベルを頂ける運びとなりました。ありがとうございます。こちらもやはりうまい!山田錦の上品な甘みと香りもフルーティな吟醸香。無漏過生原酒なのに、なめらかな口当たり。これは山田錦55%精米の成せる技なのか!少し口の中で転がしていると、コクと旨味が表れてきます。冷酒をゆっくり飲んで常温になった頃に飲んでも変化が楽しめそうですが、そこまで待てない!もう!キューッと飲みたいのです。のど越しにはいつものようにキレを楽しめます。

*今は3月なので、無漏過生原酒として楽しませて頂けていますが、もうしばらくすると火入れのものが出回るそうです。同時に楽しめるとうれしいのですが…。今の管理技術があれば出来そうなのですが、いかがなものでしょう。千代酒造さん。

*Azur-アジュール-とはフランス語で「紺碧」を意味するそうです。

 

製造元/千代酒造 株式会社
精米歩合/55%
使用米/奈良県産山田錦100%
アルコール度数/16度
日本酒度/+4.0
酸度/2.2

商品名/篠峯 Azur(アジュール)山田錦 純米吟醸 無漏過生原酒 田園ラベルシリーズ「紺碧」

 

◆かっぱさいぼしと椎茸

かっぱのさいぼしは本当に大好きですね!このお店に行って置いてあれば、かならず頼んでしまう ♫ ジャーキーなのにジューシーなのです。脂がたっぷり甘みたっぷり!「おなかの皮と脂身の間のお肉」のすじ肉なので噛めば噛むほど旨味がジュワーと飛び出してきます。

そしてもう一つの大好物「椎茸」。肉厚の椎茸を見るだけで「パブロフの犬」状態で垂涎の思いで眺めてしまいます。理想はポン酢はたれを掛けないでほしいのですが、そこまでわがままを言えるほど常連ではないので、これはこれで由としましょう。嬉しいのは「石づき」です。大抵の飲食店は石づき部分を出してくれません。ここが一番、栄養があるのにぃー!傘部分が美味しいのはこの石づきを通って栄養を供給しているからで、その石づきに栄養が無いわけ無いじゃ無いですか!(←あっちょっと文字で見るとラッパーっぽくない?)なんでもこの「石づき」には、「レンチナン」と言う、がんに有効な成分が含まれているそうですよ!もう食べなきゃ!

マツノコトブキ 純米吟醸 しぼりたて

新米、新酒第一弾!のお酒を3月の後半にいただく!出荷の日にちを見ると2017年12月とある。いままで何をしていたのでしょう!こんなに美味しいものを眠らせておくなんて!!申し訳ありませんが、初めて飲むお酒です。典型的な美味しい新酒の味である。

香りは爽やかな吟醸香。ラムネ香と言ってもいい。フルーティな香りです。口当たりはさすがは新酒で、フレッシュ、プチプチ、ジューシーです。甘い香りと口当たりとはうらはらに飲み終わりはシャープなキレのある酸と、雑味というのか苦みのある余韻が楽しめます。この荒々しさが新酒の楽しみでもあります。

雫ラベル(仮)

それはそうとラベルがいいですよね!今回の味と合ったピッタリのラベルだ。ジャケのみしたくなるラベルです。上のマークは新酒が出来たことを知らせる「杉玉」。そしてしずくとなって一升瓶の中に注がれていくところをイメージしている感じもいいですね♬ と言うことは新酒が出来た時だけの限定ラベルと言うことなのか!と、勝手に想像してみましたが、蔵元さんぜひ、どこかで説明してください。よろしくお願いします。(ちなみにメールや電話で尋ねれば応えてくれると思いますが、あえて空想で終わっておきます。フフフ)

*ここで気付いた!このラベル29BYから新しくなったようです。そこで去年までのラベルを見てみると「あっ飲んだことある!」と気付く。ラベルが今までと全く違って斬新だったので気がつかなかった!でも新酒のしぼりたては初めてなのですけどね!

醸造元/株式会社 松井酒造店
精米歩合/55%
使用米/五百万石100%
アルコール度数/17〜18度
日本酒度/+3.5
酸度/1.7

商品名/松の寿 純米吟醸 五百万石 無濾過生原酒 しぼりたて

◆酒の肴2種

天然本鯛花わさび漬けと平アジ薬味酢じょうゆ和えの2種盛。本当はほたてウニゼリー和えだったのですが、ウニが苦手なので別の肴に変更してもらった。ありがたや〜。

鶏、背肝たれ焼き

もちろん、タレで味付けはされているので、そのままでいただく。う〜んおいしー!一昔前は内蔵系は食べれなかったのに、大人になったなぁ〜(50超えてるけどね ♫ )そして、さらに美味しく頂くために、山椒を掛けさせて頂く。でもその辺のものだったらだめです。美山で採れた黒山椒で!と言いたいがさすがにない。が、山椒を掛けることで味が締まります。甘辛のたれにぴりっと感が加わります。

そして爽やかになった口の中を潤してくれるのが、「にごり酒」であります。しかも「赤磐雄町米」という雄町の中でも最上級ブランドの酒米であります。肴はなくてもいいぐらいの個性的なお味なのですが…。ちょっとミスマッチしてしまったか!まず、赤磐雄町を分けてもらえるってだけで、信頼されている蔵元だと言うことです。美味しいことに間違いは無いでしょう。さてお毒味させて頂きます。少し酸の香りがします。滓がらみ特有の酸っぱさと言えばいいのでしょうか!では口に含みます。おっ、微発泡だ!シュワシュワです。そしてキリリと辛口です。でも滓がらみの雑味は少なく、どちらかと言えば、マイルドでなめらか!なんか相対的なコメントですが、辛口なのにマイルドってどうなの?つまりは美味しいってことです。

*でもこのコメントを書いている時点でもう今年の分は終わっているのでしょうね!ごめんなさい!

醸造元/株式会社 土井酒造場
精米歩合/55%
使用米/赤磐雄町米100%
アルコール度数/17〜18度
日本酒度/+4
酸度/1.3

商品名/開運 無漏過純米 雄町 にごり生酒

◆かつおたたき チコリとかぶなめろう

いろいろ説明せねばなるまい。「かつおたたき」は「かつおのたたき」じゃなく「かつおをたたいたもの」つまり「なめろう」って事です。「チコリ」はキク科の多年生野菜。味は独特の強い苦みがあります。デトックス効果のあるハーブとして知られており、近年、ハーブティーやコーヒーにして飲むのが流行っているそうです。(←全く知らない!)タンポポコーヒーなら知っているのですが…。*ちなみに「チコリータ」はこの野菜をモデル作られたポケモンです。話を戻します。「赤かぶ」はプレーンなものをざく切り。←つまり漬け物じゃない生赤かぶって事です。これらを和えてます。けっしてなめろうの方法では作っていません。おまけに味噌も使っておらず、たしか塩麹にすこし味を加えているようなことを言っていました。料理名に偽りあり!ですが、味に偽りなし!です。いいお酒の肴です。

会津娘 純米吟醸 花さくら

春はやっぱり絞りたて「うすにごり」ですね。この花さくらは「瓶燗急冷」方式で一回火入れされた純米吟醸うすにごりです。最近、この方法で造る蔵が増えているそうです。しぼりたてのプチプチした爽やかさと火入れによる落ち着いた口当たりが上品さを醸し出した仕上がりになっています。火入れをしているのにプチプチ感が楽しめるなんてちょっと感激。春らしいみずみずしい味わいで、口の中はもう桜満開です。

瓶燗急冷とは…

本来大量の醸造されたお酒を蛇管(じゃかん)と呼ばれるらせん状の管に通し、火入れ(加熱)し、すぐに急冷することで殺菌処理をするのが一般的なのですが、それをいきなり瓶に小分けにして熱湯処理をする製法の事。瓶で火入れすることはタンクなどの大きな場所も機材も必要なくコストの削減になる。もちろん温度管理技術が向上したおかげで出来る製法であることに違いは無いのでしょう。

*火入れとは搾ったお酒を加熱して、火落菌(ひおちきん)と呼ばれる貯蔵中のお酒を白く濁らしたり、味の劣化を招く乳酸菌を殺菌するための製法。お酒の劣化を出来るだけ防ぎ、お酒本来の味わいを楽しめる利点があります。*火入れを行わないお酒を「生酒」と呼びます。

醸造元/高橋庄作謹醸
精米歩合/50%
使用米/会津産五百万石100%
アルコール度数/16度
日本酒度/ー1〜0
酸度/1.5

商品名/会津娘 純米吟醸 花さくら

初亀 吟醸 初しぼり 生原酒

ザ・スタンダードな日本酒である。

というか日本酒のクオリティーが底上げされているためなのですが、今ではこれぐらいのレベルのお酒が普通に飲めてしまうのである。「初しぼり」「吟醸」「生原酒」「精米歩合60%」なんて以前なら年に数回飲めたらいいなぁ〜ってクラスのお酒だったのに…。時代は進化しながら通り過ぎていきます。

感想を書いておきます。香りから…ほんのり果実香のする吟醸香ってやつです。初亀らしい透明感のある口当たり。(悪く言えば初亀って水っぽかった←すみません。)ただ生原酒ならではのフレッシュ&芳醇感を醸し出しています。やはり生原酒って美味しいですよね!お米の旨み、甘みが新鮮でフレッシュ。←あっ同じ意味だ!コクがあって濃厚。←これも同じような意味だっ!この初亀は結構美味しい。

醸造元/初亀醸造 株式会社
精米歩合/麹米55%、掛米60%
使用米/麹米:富山県なんと産山田錦 掛米:富山県なんと産雄山錦
備考/ 醸造アルコール
アルコール度数/17度
日本酒度/非公開
酸度/非公開

商品名/初亀 吟醸 初しぼり 生原酒

特定名称酒とは?

ちなみにですが、このお酒は「吟醸酒」であって「純米吟醸酒」ではない。実は「吟醸酒」ってやつを飲んだ記憶が無い。(忘れているだけなのですが…。)純米酒や純米吟醸酒はあるのですが、ただの「吟醸酒」って珍しいなぁって思っています。(もちろん調べればいっぱい出てきますが、居酒屋さんで見かけることが今まで無かったのです。)で、改めて定義を書いておこうと思います。日本酒の区分「特定名称酒」として区別されているのは下記のとおりとなります。

大吟醸酒 精米歩合50%以下、麹歩合15%以上、若干のアルコールを添加。
純米大吟醸 精米歩合50%以下、麹歩合15%以上、アルコール添加をしていない。
吟醸酒 精米歩合60%以下、麹歩合15%以上、若干のアルコールを添加。
純米吟醸酒 精米歩合60%以下、麹歩合15%以上、アルコール添加をしていない。
本醸造酒 精米歩合70%以下、麹歩合15%以上、若干のアルコールを添加。
純米酒 精米歩合の規定無し、麹歩合15%以上、アルコール添加をしていない。

わざわざ麹歩合を表記していますが、麹歩合が15%以下のもは「普通酒」と呼ばれ、「特定名称酒」ではないお酒として扱われています。

「純米」と名の付くお酒はアルコール添加をしていない粋にだけで醸造したお酒と覚えておいてもいいでしょう。「吟醸は」は味して造したお酒、つまり「吟醸造り」という製法で作られたもの。条件は、上記の通り精米歩合が60%以下で、低温で時間をかけて発酵させる作り方のことです。吟醸造りは手間が掛かる代わりに「吟醸香」と呼ばれる華やかで、果実のような芳醇な香りを楽しみながら飲まれる方が多いようです。*食中酒としてはちょっと考えて飲まないと酒と肴で相殺してしまう事もあります。こういうのを知りながら飲むと更に日本酒が美味しく楽しめるのではないでしょうか。ごちそうさまでした。

アルコール添加とはアルコールを醸造の過程で加えることです。一昔前は少ない原材料でお酒を増やすために使われていたそうですが、現在では添加することで辛口でスッキリした味にしたり、お酒を腐りにくくする作用のためにあえてアルコールを添加する使い方をしています。それでもなんだかんだ言って、純米酒は美味しいけどね ♫

 

満寿泉-MASUIZUMI- 純米生

どうしたのでしょう。最近の純米はおいしいです。精米技術が底上げされているのか、どこのお酒も程なく美味しく頂けます。まぁ、お店の方がいいモノを選んで出して下さっているって事もあるのでしょうが、純米酒といいながら、精米歩合が58%とほとんど純米吟醸酒レベルのクオリティーなのです。新酒で精米歩合58%って事もあるのでしょうが、米麹の程よく甘い香りに、フレッシュ感。コクもしっかり重量感のある豊かな味わいがあり、のど越しの酸によるキレもしっかりと爽やかさを醸し出しています。なんでしょう。最近、逆に精米歩合70%とか80%のものを欲している自分がいます。純米が美味しくなりすぎです。

醸造元/合資会社 川村酒造店
精米歩合/58%
使用米/五百万石100%
アルコール度数/18度
日本酒度/非公開
酸度/非公開

商品名/満寿泉-ますいずみ- 純米生

◆ピリ辛ウィンナー

ちょっと日本酒にどうかと思いますが、身体がピリ辛を求めていたので、注文してみた。深く考えずに頂くことにします。うん、美味しいです。ピリ辛のウィンナーに少し甘みのあるソースが掛かっているのがいいあんばいです。

長陽福娘 山田錦 純米酒

もう純米吟醸ですよ!これは!!

純米なのに60%まで磨いて醸した新酒。もう純米吟醸クラスと言っていいのでは無いでしょうか!もう純米じゃないです。純米吟醸らしい果実のような吟醸香に綺麗でいて、ふくよかな旨みが感じられます。口に含んだときにそれなりの甘みを感じますが、のど越しのガス感がフレッシュで爽やかな印象を与えてくれます。もう純米吟醸の感想と言っていいでしょう。生原酒ということでコクもしっかりあります。無漏過ってことでフレッシュ感もしっかりです。

*表記はないのですが、上槽時に中ほどの一番おいしいと言われている上等な部分だけを汲み取る「中取り」または「中汲み」のみを直接瓶に詰めて低温保存した贅沢な純米酒です。←こんなすごい情報をなぜ瓶に表記しない!!これは是非飲んでもらいたいです。

醸造元/岩崎酒造 株式会社
精米歩合/60%
使用米/山田錦100%
アルコール度数/17〜18度
日本酒度/+4
酸度/1.75

商品名/長陽福娘 山田錦 純米酒 無ろ過生原酒

◆たことセロリコンニャク辛子みそ白和え

食感のオンパレードです。たこの食感、セロリのサクサク感と苦み、こんにゃくのこんにゃく感。それぞれを楽しむも良し!合わせて食べるも良し!辛子みその効いた白和えがうまく味を包み込んでいます。

◆春キャベツチキンさっぱりマカロニサラダ

春キャベツがシャキシャキです。あっさりマヨ風味です。